TAX-LAB 税理士試験 合格体験記集(資格試験勉強法研究)

TOP合格体験記トップ体験記集2005年 >

常識はずれ!?簿記を切って財表を確実に合格!

米子さんの税理士試験合格体験記

合格(財務諸表論)

プロフィール
予備校の選択・講師との相性について
  講師次第で勉強モチベーションが大きく異なる
勉強の経緯と”科目切り”について1
  簿財スタート〜科目切りまで
勉強の経緯と”科目切り”について2
  財表一本で臨む日々(計算)
勉強の経緯と”科目切り”について3
  財表一本で臨む日々(理論)

スポンサード リンク
人間関係について
  よし、わたしもそういうダークホースになってやるぞ!
本試験について
  寒すぎる会場と早稲田ゲットの方法。本試験の感触について
全体を振り返って

米子さんに質問するには
体験記専用掲示板へ

1.プロフィール

ハンドルネーム: 米子
年齢等: 30代前半、専業主婦・子供なし(受験勉強時)

学歴: 都内某国立大学文学部卒業
税理士試験の受験資格:
 大学時代に一般教育科目で法律学/経済学に属する科目を履修
学習・受験歴:
 2004年夏頃から、通勤電車の中で日商簿記3級の独習テキストをつらつら読み始めました。
 2004年11月 日商簿記3級(第108回)初受験→合格(97点)。
 2005年1月〜 TAC速修コース(通学)で簿記論、財務諸表論を受講(簿財パック)。
  直前期(GW以降)から簿記論の受講形式を通信に切り替え(実質的に切り捨て)、財表のみに集中。
 2005年8月 税理士試験(第55回)初受験(財表のみ)→合格。

スポンサード リンク
  このページの一番上へ  次のページ>>
copylight(c) spok